エンジニア転職

エンジニアに未経験から転職する方法【転職までにやるべきことも解説】


エンジニアに未経験から転職する方法【転職までにやるべきことも解説】
未経験からエンジニアに転職したいけど、どのような方法があって、それまでにやるべきことが分からない!

 

上記のお悩みを解決します。

✔️本記事の内容
・未経験からエンジニアに転職する方法
・未経験からエンジニアに転職するためにやるべきこと

✔️本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、現役のWEBエンジニアです。プログラミング未経験からエンジニアに転職し、多くのエージェントを使ってきた経験もあるので、未経験からエンジニアに転職するための知識や業界内のことについてかなり詳しいほうです。

✔️本記事の読者

・未経験からエンジニア転職する方法について分からない方
・未経験からエンジニアに転職するためにやるべきことが知りたい方

✔️本記事を読んで得られるメリット

・未経験でもエンジニアに転職できることが分かる
・エンジニアに転職するためにやるべきことが分かり、すぐに行動できる

結論を先に言いますが、未経験からエンジニアになることは可能です。

本記事の内容を抑えれば、未経験でもエンジニアに転職できます。

さっそく本題に入りましょう。




未経験からエンジニアに転職するためにやるべきこと

未経験からエンジニアに転職するためにやるべきこと

 

1、業界知識を身に付ける

これはエンジニア未経験者が転職する際に最低限知っておくべき一番大事なことになります。

どういう職種があり、どういう仕事内容なのか、自分の性格や適性からどういう人がその職種に求められているのか、想像できますか?

現段階で想像できないと、以下のことが起こる可能性があるので注意しましょう⬇️

  1. 面接の際に、面接官の質問に答えることができず、落ちてしまう
  2. エンジニアとして入社したのに、実際の仕事内容が違かった

今から自分が入る業界の知識を何も知らない人を、会社側が雇うはずがありませんよね。

仕事内容のミスマッチも多くあり、エンジニアとして採用されたのに「一切コードを書くことがなかった」という人も現実います。

やるべきことをまとめます⬇️

  • 主な仕事内容
  • 入社する会社のニーズの把握
  • 自分の開発したいものから言語を選ぶ
  • エンジニア業界は何をするところなのか

2、プログラミングの基礎を学習しよう

業界知識と同時並行にプログラミングの基礎も学習しましょう。

コードを書いていくときに意識することはアウトプットを必ずしましょう

理解したつもりで手を動かさないのはスキルとして身に付きません。

おすすめのプログラミング勉強方法はこちら⬇️

おすすめプログラミング勉強方法5選をまとめてみた

3、オリジナル制作物(ポートフォリオ)を作る

転職するためにプログラミングで制作物(ポートフォリオ)を作りましょう。

未経験でエンジニアの転職活動をする時に制作物(ポートフォリオ)があった方が企業側は評価できますし、やる気があると認識されます。

例えば以下の2人がいたら、どちらを採用しますか?

  1. やる気だけは人一倍あるAさん
  2. 自身の制作物(ポートフォリオ)を作ってきたBさん

当然Bさんが採用されますね。

逆に制作物(ポートフォリオ)がないと、アピールポイントがなく、未経験者が採用される確率はかなり低くなります。

 

自分の実力を付けるためにも制作物(ポートフォリオ)を最低でも一つ作って、転職活動をしましょう。

オリジナルのWEBサイトやWEBアプリを作ってみるのが良いでしょう。

未経験からエンジニアに転職する方法

未経験からエンジニアに転職する方法

1、転職エージェントに登録する

一つ目は転職エージェントに登録することです。

転職エージェントに登録するメリットは以下の理由になります⬇️

  • 業界について詳しく教えてくれる
  • 給与交渉をしてくれる可能性がある
  • 面接対策をしてくれる
  • 転職までの一連の流れをサポートしてくれる

自分にとって良い案件に出会える確率を高めるため、基本的に複数の転職エージェントに登録しておきましょう

ここで一つ注意して欲しいのが、担当するエージェントの熱意も見ましょう

「しっかりと自分のことを考えてくれているだろうか?」「ひどい会社に行かせられないだろうか?」という各エージェントの担当者を比較をすることも非常に重要になってきます。

求人の見方については以下を確認すると良いでしょう⬇️

仕事内容: 自分が入社した際に、具体的に何の業務をすることになるのかをしっかりと確認しましょう。
必須条件の確認: 企業ごとに応募の際、必要な条件を提示しているので、そこを満たしていることの確認も忘れずに行いましょう。

エンジニアになるためのおすすめ転職エージェントはこちら⬇️

エンジニアにおすすめな転職エージェント5選

就職支援のあるスクールに入る

2つ目は就職支援付きのスクールに入ることです。

カリキュラムの受講後にスクールの就職コンサルタントの方が企業を紹介してくれます。

その時に料金は取られません。

就職支援付きのスクールに入ることのメリット⬇️

  • 自分で就職活動をしなくていい
  • 受講料が無料なスクールもある
  • 講師が1からプログラミングを教えてくれる
  • 確実にエンジニアになれる
  • 横の繋がりができる

おすすめのプログラミングスクール⬇️

本気でおすすめできるプログラミングスクール8選【PART1】【オンライン版】
本気でおすすめできるプログラミングスクール8選【PART2】【通学版】

転職サイトから直接応募する

3つ目は転職サイトから自分で応募することです。

自分一人で動いていくので、ポートフォリオが全てを決めると言っても過言ではありません。

転職サイトから応募できるメリット⬇️

  1. 自分の好きな会社を選べる
  2. いつでも応募できる

エンジニアにおすすめな転職サイト⬇️

エンジニアにおすすめな転職サイト5選




まとめ

まとめ

エンジニアに転職するためにやるべきこと⬇️

  1. 業界知識を身に付ける
  2. プログラミングの基礎を学習
  3. ポートフォリオを作る

未経験からエンジニアに転職する方法⬇️

    1. 転職エージェントに登録する
    2. 就職支援のあるスクールに入る
    3. 転職サイトから直接応募する

最初の段階として、エンジニア業界についてしっかりと勉強しておきましょう!

 

エンジニア業界・IT業界は他の業界に比べて、成長が早く、かつ変化の多い業界です。

業界知識は最低限身に付けて転職活動に挑めば、自信を持って面接で話すことができるようになるでしょう。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回は以上になります。

-エンジニア転職
-

Copyright© Yuuki Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.