プログラミング学習

プログラミングのエラーを解決する方法3選【ググり方を紹介】


プログラミングのエラーの解決方法がよく分からないな〜。頑張ってるのに先に進まない!エラーの解決方法教えてください!

 

上記のお悩みを解決します。

 

✔️本記事の内容

・プログラミングのエラー解決方法3選
・エラーにならないようにするための方法

 

✔️本記事で悩みを解決できる根拠

この記事を書いている僕は、現役のWEBエンジニアです。今までプログラミングのエラーに立ち向かってきました。

 

✔️本記事の読者

・プログラミングのエラー解決方法が分からない方
・エラーにならないようにするための方法が分からない方

 

✔️本記事を読むメリット

・プログラミングのエラー解決方法が分かるようになる
・エラーにならないようにするための方法が分かるようになる

 

「プログラミングのエラーの解決方法が知りたい!」
「エラーにならない方法が知りたい!」

 

そういう方は非常に多いと思います。

 

だけども、「プログラミングのエラーの解決方法が分からない」「エラーにならないようにするための方法が分からない」

 

こう言った疑問を持ってる方も多いはずです。

 

今回はプログラミングのエラー解決方法3選」「エラーにならないようにするための方法」を紹介していきます。

 

さっそく本題に入りましょう。

プログラミングのエラー解決方法3選

結論は次の通りです。

①エラー内容をググる
②質問掲示板サイトで質問する
③公式ドキュメントを見る

1、エラー内容をググる

当たり前なことですね。

ググる時のポイントが3つあります。

①エラー内容が分からない

プログラミングのエラー内容が分からないなら、デバッグツールを活用すると良いでしょう。

 

デバッグツールとは「プログラミングの作成を補助するソフト」になります。

 

デバッグツールのメリット⬇️

・問題のある箇所を正確に把握できる
・的確な修正が可能

 

要するに、「エラーの場所を教えてくれるツール」です。

 

ツールは時間をかけて覚えれば大丈夫です。

 

学んでいる言語によって方法は異なりますが、「言語 デバックツール」で検索しましょう。

 

Web系の言語であるなら、ディベロッパーツールで解決できる場合が多いので、下記を確認しましょう⬇️
Chrome Developer Tools入門

 

エラーの解決の大きな手助けになり、時間短縮にもなるので、ぜひ活用していただきたいです。

②エラー時の検索方法

エラー時の検索方法はエラーメッセージをコピペして、検索欄に貼り付ければOKです。

 

そしたらエラーを解決するためのサイトがたくさん出てきます。

 

ここで大事なことは適当に流して読まないこと

 

何が間違っているかを一つずつ確認してエラーを解決していきましょう。

③英語対策

英語ばかりだと挫折しますよね。

主な対策としては1つです。

それは「Google 翻訳」を活用することです。

最近は翻訳機能の精度が上がってきているので、是非活用してみましょう!

 

逆に英語を勉強するのも一つの手段です。

 2、質問掲示板サイトで質問する

teratail(テラテイル)

teratail(テラテイル)は、無料で利用でき、初心者にはかなりおすすめです。

 

プログラムコードを簡単に貼り付けられる仕組みや、質問テンプレートがあるなど、初心者でも質問がしやすい環境が揃っています。

stackoverflow(スタックオーバーフロー)

 

stackoverflow(スタックオーバーフロー)毎月5000万人以上の閲覧者がいる世界最大規模サイトです。

 

日本語版もあるけど、英語版推奨です。

 

しかしQ&Aの情報量が多く日本語のサイトにない情報も多数掲載しています。

 

英語が分からない時には、上記で紹介した「Google 翻訳」を活用しましょう。

3、公式ドキュメントを見る

一番信頼性が高い解決方法ですね。

 

言語の仕様などを中心に記載されているので、積極的に活用しましょう。

 

公式ドキュメントを用いて正しい仕様を確認」し「正しく修正することが重要です。

 

まぐれでエラーが解決できたらOKにするのではなくて、何がエラーを起こしていたかの根源を必ず理解して取り組んでいきましょう。

 

エラーを理解しないまま進むと、また同じエラーが出てきた時に時間がかかります。

一つずつ丁寧にやっていきましょう。

エラーにならないようにするための方法2選

1、コーディングスキルを高める

コーディングスキルを高める方法を紹介します。

①0から自分のポートフォリオを作る

参考書やコードのコピペなどに頼らず、0からコードを自分で書いていくとかなり成長できます。

 

正直苦しいとは思いますが、最短で成長出来る道なのは間違いないですね。

 

簡単な例を出してみます⬇️

・HTML&CSSで簡単なサイトを作ってみる
・PHPでお問い合わせフォームを作る

最初はきついと思いますが、あくまで最初の間だけです。

 

ここを乗り越えれば、エラーにならないようなコーディングスキルを習得できるようになります。

②テンプレ改変ばかりやらない

これも要注意です。

テンプレの改変を悪くは言いませんが、必ずテンプレ内のコードを理解して活用しましょう。

 

「テンプレ改造」だと、短時間でサイトを作れますが、なにかエラーが起きたときに、自分で書いていないコードしかないので、理解できずに挫折してしまう可能性があります。

 

それに本質的なプログラミングのスキルが伸びないので、要所要所でテンプレを活用しましょう。

2、基本文法から学び直す

結論は基本文法から学び直すとエラーにならないようなコーディングが出来るようになります。

言語の基本文法は言うまでもなくとても大切です。

 

過去の僕の体験として、
Laravelを学ぶ→PHPの基本文法が分からないから挫折→PHPを学び始める」という感じでした。

 

遠回しに学ぶのではなく、基本文法から学び直すとエラーにならないようなコードが書けるようになります。

プログラミング学習の始め方が分からない方はこちらへどうぞ⬇️

まとめ

ここまでを下記にまとめます⬇️

プログラミングのエラー解決方法3選

エラー内容をググる
・エラー内容が分からない  デバッグツールを活用
・エラー時の検索方法    エラーメッセージをコピペして、検索欄に貼り付ければOK
・英語対策         Google翻訳を活用しよう

質問掲示板サイトで質問する
teratail(テラテイル)
stackoverflow(スタックオーバーフロー)

公式ドキュメントを見る

エラーにならないようにするための方法2選

コーディンングスキルを高める
・0から自分のポートフォリオを作る
・テンプレ改変ばかりやらない

基本文法から学び直す

プログラミングのエラーは慣れてくれば、解決する要領がわかってきますが、最初は絶望ですよね。

そこで挫折して、プログラミングをやめる人も多いです。

 

この記事を読んでくれた方には決してプログラミングをやめてもらいたくないです。

エラーを解決するスキルも身に付けて、順風満帆なプログラミングライフを送りましょう。

よく読まれている記事⬇️
エンジニアにおすすめな転職サイト5選
エンジニアにおすすめな転職エージェント5選

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

今回は以上になります。

-プログラミング学習

© 2020 Yuuki Blog Powered by AFFINGER5