エンジニアの働き方

【初心者向け】WEBエンジニアとは?WEBエンジニア仕事内容・必要なスキル・平均年収


迷ってる人

WEBエンジニアについてよく分からない。WEBエンジニアの仕事内容、必要なスキル、平均年収、WEBエンジニアになる方法など全般的に教えて欲しい!

 

上記のお悩みを解決します。

 

 

✔️本記事で悩みを解決できる根拠

この記事を書いている僕は、現役のWEBエンジニアです。現役だからこそ伝えられる情報がたくさんあります。

 

✔️本記事の読者

WEBエンジニアエンジニアについてよく分からない方
WEBエンジニアの仕事内容、必要なスキル、平均年収、WEBエンジニアになる方法が分からない方

 

✔️本記事を読むメリット

WEBエンジニアについての理解が深まる
WEBエンジニアを目指すきっかけになる
WEBエンジニアになる方法が分かる

 

✔️本記事の流れ

記事の前半では「WEBエンジニアの仕事内容・必要なスキル・平均年収」、後半では「WEBエンジニアになる方法」をご紹介・具体的に解説します。

 

 

WEBエンジニアとは、WEBで動作するさまざまなシステムやアプリなど各種サービスの開発者です。

 

 

また、Webエンジニアはシステムやアプリ以外にWebサイト構築にも携わります。

 

 

私たちがよく目にする企業や店舗のホームページもWEBエンジニアが作っています。

 

 

WEBエンジニアとして将来を見据えた時に、より自分らしく働くためのヒントとして、本記事の内容をぜひ参考にしてください。

 

それではご紹介・解説していきます。

 

WEBエンジニアの仕事内容・必要なスキル・平均年収

仕事内容

1、システムの構築

クライアントから提供された仕様書に従ってシステムを構築します。

 

 

時には、仕様書の内容が作るシステムに合わない場合もあるので、そのような時に代案を提案することもWEBエンジニアの役割です。

 

 

クライアントからの仕様書だけでなく、WEBエンジニア側からクライアントにヒアリングして課題を洗い出し、システムを作っていくこともあります。

2、WEBサイト制作

仕様書やヒアリング内容に基づいてWEBサイトを制作します。

 

WEBエンジニアは、フロントエンドエンジニアバックエンドエンジニア2つに分かれます。

 

 

フロントエンドエンジニアは、僕たちが目にするWEBサイトの画面や、アプリケーションの入力画面などの「目に見える部分」のコードを書く作業が担当範囲で、HTML&CSSJavaScriptを用いて作ります。

 

 

バックエンドエンジニア(サーバーサイドエンジニア)は、WEBサイトの画面やアプリケーションの入力画面で入力された情報をデータベースに登録するなど、裏側のシステムを開発するのが役割です。

 

バックエンドエンジニアには、JavaPHPRubyPythonなどの知識が求められます。

 

 

WEBサイトの完成後、正常に動作するかを確かめ問題がなければOKです。

 

しかし、これで仕事が終わりというわけではないです。

3、サイトのメンテナンス

WEBサイトは制作すれば終わりではなく、その後のメンテナンスなども見据える必要があります。

 

 

そのため、クライアントに納品した後も掲載内容の更新やSEO対策アクセス解析などの数値からWEBサイトの再構築なども行います。

 

 

さらに、WEBサイトのデザインの知識が深いと、よりアクセス数を伸ばすWEBサイトのレイアウト変更ができるようになります。

 

 

メンテナンスでは、クライアントの要望をその都度WEBサイトに反映させられる柔軟性や技術力も求められます。

必要なスキル

1、プログラミングスキル

WEBエンジニアには、プログラミングスキルが必要不可欠

  • Ruby
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript

 

WEB上で動作するアプリケーションの開発がメインとなるため、WEBページの「見た目」を作成するために利用する言語HTML&CSSの知識は必須です。

 

 

またWEB上で動作するアプリケーションの開発に使われるJavaScriptPHPなどのプログラミング言語も習得しておくと良いでしょう。

 

 

その他にも、Gitの操作・Webの仕組みデータベースなど、WEBエンジニアになるために必要なスキルは多岐に渡ります。

 

プログラミングスクールでプログラミングを学びたい方はこちらからどうぞ⬇️

2、データベース設計

自身のスキルを上げたいなら、WEB開発を行う上でサーバ、ネットワーク、データベースなどインフラ領域への知識・理解があると良いでしょう。

 

最近ではオンプレミスからクラウドへ移行する企業も多いため、AWSやGCPのスキルがあると市場価値が上がります。

3、ソフトスキル

ソフトスキルとしては、新しい情報やスキルをキャッチアップしていく姿勢やチームワークを重んじるコミュニケーション能力を身に付けておくべきでしょう。

平均年収

Find jobによると、WEBエンジニアの平均年収は456万円という結果になっています。

 


年収分布のデータでは年収400~500万円が全体の約4割を占めています。

 

 

年収は企業により大きく異なり、メガベンチャーと呼ばれる企業でWEBエンジニアは、新卒でも500万円超えることは珍しくありません。

WEBエンジニアになる方法

 

WEBエンジニアは専門職になるので、未経験からだと転職は難しいというのが現実です。

 

 

しかし、未経験からWEBエンジニアになる方々も多くいます

 

 

転職サイトには未経験者OKのものもたくさんあります

 

 

企業によっては未経験でも時間をかけて丁寧にWEBエンジニアへと育ててくれるところもあります。

 

 

IT人材が不足しているという現状もあり、未経験からのWEBエンジニアへの転職のハードルを下がっているのが現状です。

 

エンジニアに未経験で就職・転職する方法についてはこちらでご紹介・解説しています⬇️

 

エンジニアにおすすめな転職サイト・エージェントについてはこちらの2つをどうぞ⬇️

 

まとめ

ここまでを下記にまとめます。

 

○仕事内容
システムの構築
WEBサイトの制作
サイトのメンテナンス

必要なスキル
プログラミングスキル
データベースの設計
ソフトスキル

平均年収
456万円

 

WEBエンジニアはとても将来性のある職業です。

 

フリーランスになれば年収1000万円も普通に稼げるようになるでしょう。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

今回は以上になります。

-エンジニアの働き方

© 2020 Yuuki Blog Powered by AFFINGER5