エンジニアの働き方

今後のエンジニアの需要が確実に伸びる理由3選【今から出来ること】


今後のエンジニアの需要が確実に伸びる理由3選【今から出来ること】

迷ってる人

今後のエンジニアの需要ってどうなんだろう?今から出来ることって何かな〜?

上記のお悩みを解決します。

 

✔️本記事の内容

・今後のエンジニアの需要が伸びる理由3選
・今からできること

✔️本記事で悩みを解決できる根拠

この記事を書いている僕は、現役のエンジニアです。業界のことについては日々キャッチアップしています。

 

✔️本記事の読者

・今後のエンジニアの需要が伸びるのか分からない方
・今から何をすれば良いか分からない方

 

✔️本記事を読むメリット

・今後のエンジニアの需要が伸びる理由が分かる
・今からできることが分かる

 

「今後のエンジニアの需要が伸びるのか知りたい!」「今からできることについて知りたい!」

 

そういう方は非常に多いと思います。

 

だけども、「今後のエンジニアの需要って何で伸びるの?」「今から何をすればいいの?」

 

こう言った疑問を持ってる方も多いはずです。

 

今回は「今後のエンジニアの需要が伸びる理由3選」「今からできること」をご紹介します。

 

さっそく本題に入りましょう。

今後のエンジニアの需要が伸びる理由3選

今後のエンジニアの需要が伸びる理由3選

1、圧倒的に人手不足
2、IT市場が伸び続けている
3、投資マネーがITビジネスに集中している

1、圧倒的に人手不足

エンジニアの需要に対し、人材の供給が追いついていません

これは経済産業省が2016年に出した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」になります。

グラフを解説すると、2019年をピークにエンジニア入職率が、退職率を下回っていきます

 

さらに少子高齢化の影響で若いエンジニアが減り、全体的に平均年齢も上がります。

エンジニアの人材不足はここ10年でどんどん加速していきます。

 

特に地方の会社のエンジニアの数は足らずに、開発に時間がかかる現場が増えていくでしょう。

ここだけの話、エンジニアの有効求人倍率は8倍と言われています。8社が一人のエンジニアを取るために争っているということですね。

2、IT市場が伸び続けている

IT市場が伸び続けているのもエンジニアの需要が高まっている理由の一つですね。

ほとんどの人たちがスマホを持ち、誰でもどこからでもインターネットに触れることができます。

つまりインターネットは生活していく中で、必要不可欠なものになっています。

 

インターネットユーザーの増加がIT市場が伸び続けている理由の一つですね。

世界のトップ企業もIT企業ばかりです。代表例は「GAFA」とかですね。

・Google
・Amazon
・Facabook
・Apple

IT産業の開発にはエンジニアが必要不可欠です。

プログラミングでWebサービスを開発するエンジニアは需要が高まり続けています。

3、投資マネーがITビジネスに集中している

今多くの経営者や投資家は将来のITビジネスに投資マネーを流しています

もっと分かりやすく言うと、世の中のお金は将来のITビジネスに集まっています

  • AIやロボット化に投資
  • フィンテック分野に投資
  • 自動運転技術
  • 5Gによる高速大容量通信

上記の分野を開発するエンジニアはさらに需要が高まっていきます。

多少市場が伸び悩んだとしても、投資マネーがITビジネスに流れているので、エンジニアの雇用は落ちない、ということです。

今からできること

今からできること

1、すぐにプログラミング学習に取りかかる
2、言語選びはWeb系がオススメ

1、すぐにプログラミング学習に取りかかる

結論はプログラミングにすぐに始めましょう

行動しない状態で考えていても、何も分からないし、始まりません。

エンジニアになるためのスタートとしてプログラミング学習に取りかかり、自分でWebサイトアプリなどのポートフォリオを作って、学生ならアルバイトサラリーマンなら転職もありです。

 

エンジニアに未経験で転職する方法についてもご紹介・解説しています⬇️

【未経験必読】エンジニアに未経験から転職する方法

プログラミングスクールの比較はこちらからどうぞ⬇️

本気でオススメできるプログラミングスクール8選【PART1】【オンライン版】

本気でオススメできるプログラミングスクール8選【PART2】【通学版】

2、言語選びはWeb系がオススメ

結論はWeb系のプログラミング言語がオススメです。

なぜなら稼ぎやすく需要が伸びているからです。

・Web系の言語
・アプリ系の言語
・AI系の言語

AI系の言語を学ぶこともオススメですね。

 

独学も良いですが、お金に余裕があるなら、プログラミングスクールがオススメですね。

専門学校よりも短期間で、安く学べるので自己投資として受講するのも必要ですね。

 

初心者が学ぶべきおすすめプログラミング言語についてはこちらからどうぞ⬇️

初心者が学ぶべきおすすめプログラミング言語

まとめ

まとめ

ここまでを下記にまとめます⬇️

今後のエンジニアの需要が伸びる理由3選

圧倒的に人手不足
2019年をピークにエンジニア入職率が、退職率を下回っていきます

IT市場が伸び続けている
インターネットユーザーの増加がIT市場が伸び続けている理由の一つ

投資マネーがITビジネスに集中している
今多くの経営者や投資家は将来のITビジネスに投資マネーを流しているから

今からできること

すぐにプログラミング学習に取りかかる

エンジニアに未経験で転職する方法についてもご紹介・解説しています⬇️

【未経験必読】エンジニアに未経験から転職する方法

プログラミングスクールの比較はこちらからどうぞ⬇️

本気でオススメできるプログラミングスクール8選【PART1】【オンライン版】

本気でオススメできるプログラミングスクール8選【PART2】【通学版】

 

言語選びはWeb系がオススメ

稼ぎやすく需要が伸びているから

・Web系の言語
・アプリ系の言語
・AI系の言語

初心者が学ぶべきおすすめプログラミング言語についてはこちらからどうぞ⬇️

初心者が学ぶべきおすすめプログラミング言語

エンジニアの需要はまさにここから10年伸び続けます。

Iotも普及されていきますし、ますますスマホを含めて、多くのモノがインターネットに繋がり始めます。

Webサイトアプリを開発するエンジニアの需要は高まるばかりです。

よく読まれている記事⬇️
エンジニアにおすすめな転職サイト5選
エンジニアにおすすめな転職エージェント5選

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今回は以上になります。

-エンジニアの働き方

© 2020 Yuuki Blog Powered by AFFINGER5